同じ色のハズなのですが出力色がクッキリ別れてしまいました。

同じ色のハズなのですが出力色がクッキリ別れてしまいました。

名刺作成やポスター・フライヤー・大型出力などでよくあるトラブルなのですが、、、

写真(やスキャンデータ、その他画像)の加工をしてを背景に使用したデータにて出力依頼を頂くことがございます。

そんな時に・・・よくある事例なのですが・・・、

「画像と塗り足し部分に同じ色を指定しましたがクッキリと出力が分かれてしまいました。
コレってどういうことですか???」

っと言うことがあります。

 

わかり易く図で説明させて頂きますと以下のような感じです。

 

 


↑背景用に用意した元の画像

これにデザインを組み込んで色々とカッコよく名刺を作ろうと思い・・・、

 


↑こんな感じで、Photoshopなどの画像加工ソフトで色塗りをしたとします。
※デザイン的に難アリなのは判っておりますがメンドイので流してくださいw。

 


↑Photoshopで加工した写真画像をIllustratorに配置した画。
基本的な名刺サイズ91㎜ × 55mmに配置してみたら縦横寸が、合いませんでした。

 

そこで、、、

 


↑黒色の背景をIllustratorにて追加してみました。

 

画面上では、写真にPhotoshopで描いた黒の縁に、後からIllustratorで描いた黒背景が・・・違和感なく表示されています。

 

しかし、実はプリントしてみるとPhotoshopで描いた方の黒が淡い色になってしまい分かれ目がクッキリ出てしまうことがよくあります。

 


↑上が「Photoshopで寸足らず→Illustratorで黒を継ぎ足し」、下が「Photoshopにて(塗り足し分をとって)95mm × 59mmほどであらかじめ背景画像全体制作」
そして、Illustratorにて文字やトンボ線(トリム)を入れた出力データです。

 

では、実際に出力するとどんな違いがあるかを・・・、

 

↑↑↑ こんな感じの違いが出ます。。。

 

そんなこんなで、、、

 

出力の際、意図しない色の分かれ目が出ないように・・・、

 

ベタ塗り部分は、Photoshop側・・・またはIllustrator側の何れかにて統一して塗りを行うようにして下さい。

 

弊社では、ご入稿頂きましたデータに関しまして、最低限のチェックはしますが、、、(基本的に)そんなに細かくチェックはしませんのでご理解をお願い致します。。。

 

上記のような問題においてのクレームなどは一切お受けできませんのでご理解下さい。

 

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
    None Found
Comments are closed.
コンテンツ





FAXオーダー用紙 FaceBookPage
Tag calender
2011年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
リンク